社外No.2:社長の最大・最強・最高のパートナー_Vol.3

合同会社スマートルーチェ 代表社員

大重 雄進
Yushin Oshige

Yushin Oshige

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「イキイキ働きたい!」。これは、多くの社会人が心のどこかで願っていることだと思う。しかし、実際にイキイキと働けている社会人は、まだまだ数少ない。そもそも、イキイキ働くにはどのようなキャリアを築けばいいのかが、分からないのではないだろうか。

そんなキャリアに悩む社会人に対して、イキイキ働く秘訣・イキイキ働くためのキャリアの築き方のヒントを提供するのが本連載。100名以上の社長へ取材をしてきた編集長が、イキイキと元気に働いている社長と対談することで、それらの秘訣を紐解いていく。イキイキ働く社長はどのような価値観をもって、日々仕事に取組んでいるのだろうか。そして、どのようなキャリアを築いてきたのだろうか。彼らの知られざる人生論、キャリア論を探る。

第6回目は、合同会社スマートルーチェの代表を務める大重雄進さん。出産や育児で会社を辞められた女性デザイナーに家でも仕事ができる仕組みを提供している。また、朝活や仲間づくりのイベント、BNI Anchor Chapter(経営者同士のネットワーク)などコミュニティの運営を通じて、人と人、ビジネスとビジネスを繋げる活動や、さまざまな会社経営者の経営のサポートをする「社外No.2」というポジションを築かれたりと、非常に幅広い領域で活躍されている。

今まで、さまざまな社長にインタビューしてきたが、大重さんほどイキイキ働き・イキイキ生きている社長はいなかったかもしれない。それほど、働くこと、そして生きることを楽しまれている。まさに、「イキイキ働く社長へインタビューする」というコンセプトの『社長史』にぴったりの方である。そんな大重さんのキャリア観、大重流のイキイキと働く秘訣などを探ってみた。

※サービス内容はインタビュー当時(2015/08/03)のものです。

「社外No.2:社長の最大・最強・最高のパートナー_Vol.2」はこちら


 

この人の先に、本当に大切な人がいる可能性がある

 

関根 : 大重さんは様々なコミュニティを運営されていて、ものすごく人脈がありますよね。人脈を作る秘訣はありますか?

大重雄さん(以下、敬称略) : 人とお会いする時に、「この人の先に、本当に大切な人がいる可能性がある」と意識することですね。今お会いしている人も、もちろん大切なんだけど、この人の先にもっと大切な人がいるかもしれないですよね。僕が出会いたかった人がいるかもしれないですよね。そう考えると、今お会いしている人のことを大切にするじゃないですか。そういう付き合い方をするといいと思いますよ。人間関係が楽しくなります。

1人に1,000人くらいの人脈がいる、って言われているんですよ。その1,000人の中に、自分が会いたいと思える人がいるかもしれないじゃないですか。今、目の前でお会いしている人は、その人と会うためのブリッジとなってくれる人かもしれないじゃないですか。それが、どんなに嫌な感じの人でもね。そんなふうに考えると、結構いろんな人と仲良くできるんですよね。そうすれば、必然と人脈って広がると思うんですよね。

関根 : なるほど。確かにそんな考え方をすれば、誰とでも仲良くできそうですね。他に人脈を作る秘訣はありますか?

大重 : あとは、自分の嫌な過去のできごとを全て話せるようになることですね。嫌な過去って、誰でもあるじゃないですか。そういう話を人に話してあげると、その人は嬉しがるんですよ。この人こんなことまで話してくれたって思うんですよ。

そういうことをしていると、その人も腹を割ってくれるんですよ。それで、お互いが腹を割って話し合えたら、絶対友達になれるじゃないですか。だから最初に話す時に、どれだけ突っ込んだ話ができるかだと思うんですよね。大体の人は相手から自分の弱みを話してくれたら、なんか自分に心開いてくれてるなって思うし、この人なら自分の話をしてもいいかなって思うようになりますよ。

ちょっとテクニック的ですが、それが自然にできるようになったら、出会ったその場で親友になれますよ。だから、人にあんまり言いたくないな~って思う過去、それを自分の中で整理して、ストーリーとして人に話せるようすることがポイントかもしれませんね。

 

 

次のページへ

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA